賃貸に出すことでマンションを手放さずに済みました

会社の業績が良く新築マンションを手に入れたが

景気は上昇していると言われていますが、実際には景気は低迷している、このように感じている人は多いのではないでしょうか。
すべての業種で景気が上向きになっているのであれば給料カットや未払い、ボーナスの減額や支給ゼロ、そして倒産や廃業などが起きることは少ないわけです。
勿論、経営者の能力もあるかと思われますが、企業で働く人にとって、給料カットや当てにしていたボーナスがゼロになることは死活問題です。
自分が働いていた会社は、経営者の能力が高いのか業績は好調でした。
一般的にボーナスは夏と冬の2回支給されるわけですが、利益が多く出ることが多かったため、春などに臨時ボーナスを貰うことも多くあり、マイホーム購入を検討する人も多くいました。
自分もマイホーム購入を検討して念願の新築分譲マンションを手に入れたのですが、ある時から業績が急激に落ち込むようになり、信じられない結果を招いてしまいました。

マイホームを購入すると転勤を命じられることが多いなどと言われていますが、業績が落ち込んだ場合にはローンの支払いができなくなる、転勤を命じられるものとは全く異なる状況になるように思えます。
会社の業績は毎月赤字が続くようになり、臨時ボーナスは勿論夏と冬に支給されるものもなくなったのです。
マンションを購入する時の資金計画にはボーナス払いを考えていたので、支給額がゼロになると返済もかなり厳しくなりますし、預金はある程度あるものの支給ゼロが続けば自己破産しなければならないのではないか、このように考えることも少なくありませんでした。
ちなみに、毎月の返済額は15万円、ボーナス月は30万円がプラスされますので、7月や12月は45万円の返済金が必要です。

会社の業績が良く新築マンションを手に入れたが業績が落ち収入減でローンが厳しく転職マンションは賃貸に出すことにして維持